ジャパンネット銀行審査の流れ 在籍確認職場に電話来る?

ジャパンネット銀行審査の流れ 在籍確認職場に電話来る?

ジャパンネット銀行審査の流れ 在籍確認職場に電話来る?

 

「ジャパンネット銀行」とは、外貨預金やFX、投資信託などさまざまな商品を取り扱っているネットバンクです。

 

なかでも人気が高くなっているのは最高1,000万円までネットで借り入れや返済をすることができる「ネットキャッシング」です。

 

利用限度額の範囲内で、繰り返し何度でも利用することができるうえに、300万円までの融資であれば、源泉徴収票や給与明細書などの収入証明書の提出は不要となっています。

 

すでにジャパンネット銀行の口座を持っている方でも、持っていない場合でも申し込みをすることができ、口座がある場合には、申し込みから契約手続きまですべてネットで完結することができますので最短60分で融資可能で、審査結果はすぐにメールで連絡してもらえます。

 

手続完了メールが来たら、借り入れをすることができるようになります。

 

審査結果メールが送信される時間の目安は、申込みの時間が月曜〜金曜日の14時までの場合には、当日中の10時〜17時までに審査結果の連絡が送られてきます。

 

また、申込みの時間が月曜〜金曜日の14時以降あるいは土曜日・日曜日・祝日の場合には、翌日10時以降となります。翌日が土曜日・日曜日・祝日の場合には、翌営業日となりますので、融資を急がれる場合には、少し余裕を持ったうえで申込みを行いましょう。

 

契約の確認文書などは、後日、自宅へ郵送されてきますので、契約内容を確認してください。

 

また、すでにジャパンネット銀行に口座を持っている場合でも、審査の過程で、すでにお届けの勤務先に在籍されているかを確認するため、電話で在席確認が行われます。

 

ただし、電話の際には、ジャパンネット銀行であることを名乗ったり、カード契約の電話であることなどは、一切口外することはありません。

 

申込者本人のプライバシーを厳重に守ったうえで、担当者個人の名前で電話を掛けますので、勤務先に契約内容がバレてしまうようなことは絶対にありません。

 

また、専業主婦(女性のみ)の方の申込みの場合には、配偶者(夫)の勤務先に在籍確認の電話をしますので、あらかじめ配偶者(夫)の了解を得ている必要があります。

 

また、ジャパンネット銀行の口座を持っていない場合にも、申し込みはネットのみで完結することができますが、ネットキャッシングを利用されるのであれば、普通預金口座が必要となります。

 

インターネットから普通預金の口座開設とネットキャッシングの申し込みした後、「書類送信」アプリをダウンロードし、本人確認資料(運転免許証、各種健康保険証のいずれか)を撮影のうえ、「書類送信アプリ」で送信してください。

 

郵送を選択された場合には、口座開設必要書類を確認のうえ、本人確認資料貼付台紙に貼り付けて口座開設申込書類を所定の宛先まで郵送します。

 

その後、審査結果をメールで連絡してもらえますので、キャッシュカードと「トークン」を受け取った後で、初期設定を行います。

 

「トークン」とは、取引きの際に必要な本人認証として、1度だけ有効なパスワードが表示される大切な機器です。

 

新規口座開設をした後、無料で自宅に送付されてきます。

 

トークンが手元に届いてから、利用登録を行うことで、初めてご自身の情報と結びつき、借り入れや返済などの手続きに利用することができるようになります。

 

また、契約に関する確認文書についても、後日、自宅へ郵送されてきますので、契約内容をしっかりと確認してください。

 

初回の借入れに限って、借入資金を最短翌営業日までに他金融機関に振り込みで融資をしてもらうことができます。

 

口座を持っていない場合にも、審査の過程で、すでにお届けの勤務先に在籍されているかを確認するための電話が掛かってきます。

 

とくに本人が電話口で対応したり、待機している必要はありません。

 

会社のどなたが電話を受けても、「Aさん(あなた)はご在席でしょうか?」など、担当者が個人名で問い合わせを行います。

 

会社の人が「ただいま、席を外しています」あるいは「本日はお休みです」など、あなたが実際に籍を置いている事実さえ確認できれば、在籍確認は完了します。

 

簡単な確認事項ですので、それほど気にする必要はありません。

 

また、もしもあなたが電話を受けたという場合には、そのまま本人確認が行われますので、生年月日や住所など聞かれることに回答するだけでOKです。

 

最後に、すでにジャパンネット銀行で契約中のローンなどがある場合には、カードローンやクレジットライン、目的型ローン、フリーローンなどの場合には、利用限度額の増額などを検討することが可能です。

 

ただし、すでに契約している商品が借り入れおまとめローンの場合で、ネットキャッシングを申し込む場合には、いったん借り入れおまとめローンの解約が必要となります。現在の利用残高をいったん全額返済し解約したうえで、申込みをしましょう。

 

申込み方法は、「口座のある方」と同じ手続き方法となります。

 

個人金融からお金借りる

ホーム RSS購読 サイトマップ